カテゴリ:うんづ( 7 )

【うんづ】 HDイメージの操作

HDイメージはうんづの「設定」-「プロパティ」-「HDD」タブで新規作成できます。

このHDDイメージですが、「DiskExploer」でWindows上でファイル抽出及び書き込みができます。
うんづの公式サイトにうんづ本体をダウンロードするページと同じページにツール集があります。
解答すると「fmimg2」をいうフォルダがありますが、この中にあるファイルを全てDiskExploerを入れたフォルダにコピーします(面倒なので全部とします)。

「DiskExploer」を起動して、うんづのハードディスクイメージのファイルを選択すると自動的にうんづのイメージであることを認識してイメージファイルの種類を選択する際に初期指定されています。
選択後はどの区画を表示するか選択します。

これでWindows上で「DiskExploer」を経由して、ファイルの操作を行えます。

バックアップを別のメディアに保存している場合は便利かもしれません(´∀`)

「DiskExploer」自体はぐぐる先生に聞けばすぐに見つかります。
[PR]

by omanomi | 2012-12-17 01:03 | うんづ

【うんづ】 FDのイメージ化

FDドライブを入手できても、そのまま使うことはできません。
イメージ化して使うことになります。

私は「DiskExplorer」というソフトを使ってイメージ化をしています。
「DiskExplorer」の例で言えば

手順1
「特殊」-「ディスクイメージの作成」を指定する。

手順2
イメージファイルの作成元のドライブをAドライブとする(FDはAドライブにマウントされます)

手順3
イメージファイルの出力ファイルを選択する。

手順4
イメージファイルを作成する。

上記の手順で作成できます。
バイブルマスター2はCD+FDなのでこの機能を使ってFDイメージを作成しました。

ただ、現実的な話としてFDドライブが手に入らないという・・・(;´д`)
[PR]

by omanomi | 2012-12-15 23:04 | うんづ

【うんづ】 動かない?

エミュレーターというものは実機と100%ものではありません。
このため、動かないものも存在しますし、環境にも左右されます。

私の環境でも緋王伝2はうまく動きませんでした。
もう少し突き詰めれば動くかもしれませんが・・・。

もし、動かなかった場合は

CDをイメージ化をした場合は正常終了したかどうかを確認する。
CDをイメージ化した場合は元のCDドライブで動かしてみる。
うんづのROMやメモリ、CPUの設定を確認する。

この3点ほど確認して動かなかったら諦めてもいいかもしれません。
他にも確認する手段があるかもしれませんが・・・。
[PR]

by omanomi | 2012-12-15 22:48 | うんづ

【うんづ】 CDについて

個人的な体感ですが、録画する際にCDドライブを利用しての録画をしていた場合、CDにアクセスする際に少しもたついたという経験があります。
例えば、私がアップしたバイブルマスター2の動画が該当します。

そこで仮想CDドライブを利用すればアクセス速度を向上させることができます。
私が使っているのが「DAEMON Tools Lite」というものです。
このツールを使ってイメージ化して使っています。

----------------------------

CDドライブとの相性も存在します。
普通に読み込めたとしてもイメージ化に失敗することもあります。
イメージ化を複数の環境で試せるならばやってみる価値はあると思います。
[PR]

by omanomi | 2012-12-15 20:32 | うんづ

【うんづ】 起動

吸い出したROMをうんづのあるフォルダに入れます。
そしてUnz.exeを実行します。

実行したら設定のプロパティが表示されるので設定をします。
とりあえずは画面にも書いてある通りCDドライブの設定から行います。
ドライブ指定で指定すればいいと思います。

そしてCDドライブにTOWNS-OSのCDをセットします。
初期設定ではCD以外のドライブは有効では無いので必然的にCDブートとなります。

他に必要な設定は「一般」タブにあるメモリぐらいかな。
ROMの機種選択もしておくといいかもしれません。

とりあえずこれだけでも動くはずです。
[PR]

by omanomi | 2012-12-15 18:59 | うんづ

【うんづ】 用意するもの

・うんづ本体
探せばあります。
Google先生にでも聞いてみましょう。

・動作環境を満たすスペックのPC
うんづ本体がある圧縮ファイル内にあります。
manual.txtがそれです。
最近のPCならば基本的に大丈夫かと。
グラフィックがオンボードの場合は微妙かもしれないですが・・・。
ただ、それほど要求スペックは高くありません。

それとCD-ROMドライブは欲しいですね。
TOWNS-OSをハードディスクにインストールした方がよいので。

ハードディスクは入れるもの次第で容量が変わります。
私は思い切って1GBのイメージファイルを作りましたが、余りまくりです。

・FM-TOWNSの内部ROM
FM-TOWNS本体から取得します。
うんづ本体を解凍すると「rombeger」というフォルダが出てきます。
manual.txtの導入編を参照してROMの取得をして下さい。

互換ROMも出ているようですが、これはよくわからないです。
FM-TOWNS版のMS-DOSが必要のようです。

・TOWNS-OS
Ver.2.1 L30以降は欲しいかも。
これが無いと何もできないと思います。

・USB接続のFDDドライブ
今ではなかなか安く手に入らないですが、思っていた以上に必要になるものです。
注意しなければいけないのはあの時代は1.2MBフォーマットが主流なので3モード対応であることぐらいです。
[PR]

by omanomi | 2012-12-15 15:31 | うんづ

【うんづ】 はじめに

うんづカテゴリではうんづについてあれこれ書いていきます。
大した情報はありませんが、僅かばかりに役に立てれば・・・と思います。
[PR]

by omanomi | 2012-12-15 15:23 | うんづ